· 

正社員職への転職に成功された方S様:(30代・那覇市)


今回、お客様の声として新垣亜希のセッションのご感想を寄せてくださったSさんは、長きに渡る転職活動を経て、無事、東京での会社に就職が決まりました。それも正社員職です。

 Sさんがどのように新垣亜希の支援を受けていたのか、そしてそれらをどう活かしておられたのか、インタビューから感じていただけると嬉しいです。(Sさんの背景のシーサーとSさんはまったく関係ありません 笑)

 

Sさんの簡単な経歴を教えてください


 

大学在学中に米国に1年の交換留学をして、大学卒業後もまた米国の大学に1年、日本語を教えながら留学しました。その後、米国の大学院へ進学して、修士号を取得。27歳の時に現職(観光関連の行政職)に就職しました。前職では、海外からのビジネスイベント(企業会議や国際会議など)を誘致するためのプロモーション活動に携わっていました。

 

 

Sさんは2013年以降、キャリア相談を複数回受けられていますが、どんなきっかけだったのでしょうか。


27歳の時に就職をしたことはしたのですが、雇用形態が嘱託職員でした。年齢的なことも気になっていて、常に正社員での転職を考えていました。そのような折、ネットで「キャリアカウンセラー、沖縄」で検索すると新垣さんのホームページが出てきて、直観で「ここだ!」と思い、すぐに<お試しセッション>(*)を予約しました。

その後、複数回支援を受けた理由は、キャリアカウンセリングのプロの視点から見て、私の作成した<履歴書・職務経歴書をより良いものにするアドバイス>(*)を受けたかったからです。

応募先の企業が求める人材のニーズに合った履歴書・職務経歴書を作成出来ているかどうか、主観的な判断ではどうしても限界を感じました。新垣さんのサポートによって、自分で作成した応募書類と企業のニーズとのズレを補正していくことができ、納得のいく応募書類が作成できたと思います。

 

 

他のキャリア支援サービス(公共・民間含め)の利用は考えられましたか?


あまり考えていませんでした。まず、平日(17時まで)しかサービスが受けられないので、何度も会社を休んで通うことができず、現実的に厳しいと思いました。あと、公共や民間の支援サービスでは、プロのキャリアカウンセラーから支援を受けられるのかも疑問でした。せっかく支援を受けるのなら専門家からのアドバイスを受けてみたいと思っていたので、新垣さんのコンサルティングはまさに求めていたサポートでした。

 

 

和・英含め、職務経歴書サービスも複数回受けられていますが、どのようなアドバイスが印象的でしたか?


 同じ事柄でも、言葉の選び方や表現によって随分印象が変わってくるので、新垣さんの添削は大変参考になりました。また、応募要件によって、チームワーク力や交渉力・折衝能力など、重要視される能力が変わってくるため、企業の求めているニーズを満たすように自分のやってきた業務内容をまとめるように訂正いただいた事が印象的でした。

 

 

模擬面接ではどのようなメリットを得られましたか?


新垣さんは、私が応募する企業の情報を事前に調査されていたので、応募先がどのような人材を求め、それに対して自分がどのようにPRした方が良いのか、アドバイスを頂けたことが非常に役立ちました。

自分でも企業研究はしていましたが、新垣さんとの<模擬面接>(*)によって、自分では気付かなかった点や改善点、さらに取り出した方が良い情報とPRする必要のない情報を仕分けることができたと思います。

 

 

これまで残念ながら採用に至らなかったケースもありましたが、それでも転職活動を続けられたSさんの原動力はどのようなものでしょうか?


「絶対にこのままでは終わらせない」「自分の人生を必ず変えてみせる」という思いが原動力になっていたと思います。県費で米国留学をして、帰国後、非正社員でしか就職できなかったことは、私にとって苦しい現実でした。挫折経験といっても良いかもしれません。「自分の将来はこの先どうなってしまうのだろう」、という不安や焦燥感、悔しさが常にありました。

 

それと同時に、自分の将来を変えるのは自分しかいないという思いで、とにかくチャンスがあれば挑戦し続けるようにしていました。

 

今考えると、不安や焦りといったマイナスの感情があったからこそ、努力しようという切っ掛けにもなっていた訳で、マイナスの感情も無駄にはならなかったと思います。

 

 

今回の正社員職への転職に関して、新垣亜希がSさんのお役に立ったことがあれば、教えてください。


応募する企業のニーズに対して、自分がPRするべき情報を取捨選択し、ポイントを押さえることが出来たと思います。主観的に良かれと思ってPRしてみた点が、先方の求めるニーズを満たしていなかったり、いまいちポイントがズレていたりすることもあります。

 

しかも、そのような事実に自分ではなかなか気付かなかったりするものです。新垣さんにはズレているポイントを補正していただき、より良いPR方法を教授していただいたことで、非常に助かりました。

 

 

今キャリアコンサルティングを受けようかどうか迷っている方へのメッセージがあればお願いします。


まずは一度、<お試しセッション>(*)を受けてみることをお勧めします。料金も良心的ですし、新垣さんのコンサルティングもとても丁寧で的確なので、これからどのように就職活動を始めて良いのか分からない方にとって良いスタートになると思います。

 

 

最後に、今後の新垣亜希に期待することをお聞かせください。


私のように転職活動で悩む30代の女性は多いと思います。どのように転職活動を進めていけば良いか分からず、行き詰りを感じていた私にとって、新垣さんの親身なアドバイスやサポートはとても有り難いものでした。今回の正社員での採用も、新垣さんのお陰でここまで来ることが出来たと思っています。もっともっと新垣さんのコンサルティングサービスが沖縄や本土で広まって、自分の思い描くキャリアを実現できる方々が増えていくといいなぁと思います。

 

新垣さん、これまで懇切丁寧にご指導いただき、本当にありがとうございました。

 

 

新垣亜希からの一言

Sさん、このような素晴らしいご感想をありがとうございました。ようやく手にした正社員の職、しかも場所は東京。やっとSさんの努力が実り、これから道が開けることを嬉しく思います。

Sさんはアメリカでの生活経験が長いせいか、キャリアコンサルタントの利用法を熟知されておられるなというのが私の印象です。お試しセッションに始まり、応募先に応じて職務経歴書のアドバイスや模擬面接などを受けてくださいました。すべて単発の支援ではありましたが、ある程度のスパンで複数回受けてくださったので、私もSさんの状況を色々と把握することができました。

 

既に持っているスキルや経験に甘んずることなく、常に高みを目指すSさん。そんなSさんのお力になれたこと、私にもいい思い出です。これから本当に頑張ってくださいね。

*文中で紹介されている、<お試しセッション>は現在、キャリア診断となっております。

*<職務経歴書添削サービス>は転職サポートコース内のオプションサービスと変わりました。

*<模擬面接>は単独サービスではなく、転職サポートコース内で承ります。

*S様に提供した和英・英和添削サービスは原則として行っておりません。