村尾隆介さんを囲む読書会 (2)『マイ・クレド』2013年12月8日開催


村尾隆介さんの画像はネットからお借りしました
村尾隆介さんの画像はネットからお借りしました

 

オール男子の読書会が終わった翌日はオール女子の読書会です(ちなみに自然にそうなりました)。

課題図書は村尾隆介さん(私は親しみを込めてRyuさんと呼んでいます)と浜口隆則さんの共著による、『My Credo』(マイ・クレド)です。

 

 

「自分らしさ」という保健室

「自分らしさが大切」という認識が根付き始めています。(中略)しかし、「自分らしさ」ということを勘違いしてしまうと、ハードなことがあったとき、ツライことがあったとき、それは自分らしくないという、いかにも正しそうな言い訳をつくって自分を納得させて逃げてしまうのです。「自分らしさ」という保健室に逃げ込んでしまうのです。(91頁)

 

  『マイ・クレド』は終始一貫、やさしいトーンで書かれている本で、その文体はまるで詩のようです。

 

また、同書に書かれていることをベースにクレド(=行動指針)を作るワークなどを実際に行うと、それはそれは参加者をインスパイアさせてくれる、エンタテインメント性も包含する本でもあります。

 

でも、私は上記のフレーズを読むたびに、この本の著者らの真の動機を垣間見れる気がして、身が引き締まるのです。

そんなある意味、不思議なこの本の読書会の舞台に選んだのは、那覇市久茂地にある、おしゃれな靴屋、「シュービー」さん。

お店に到着して、私も村尾さんもビックリ。

 

 

村尾隆介さんの読書会を那覇市で行いました。選んだ本は「マイクレド」です。
店長の新崎さんが用意してくれたウェルカムペーパー。心遣いが嬉しかった!

  

『マイ・クレド』の読書会@シュービーは、まず前日の振り返りを私が参加者の皆さまにシェアすることから始まり、その後、Ryuさんがファシリテイトしていきました。

 

どのアングルから撮影されてもキマッています。あちらこちらで撮り慣れている方はやっぱり違うなと思いました。

 


 

今回、村尾さんをお呼びするにあたって、私が考えたこと。 まず、会場をどこかの会議室ではなく、私が参加者なら行きたい空間にしたい。そして、感性の高い方々をお呼びしたいということ。

 

内容には120%の自信がありますから、その他の面を私のコーディネーションで貢献しようと。

 

そして、7日のオール男子の読書会でも、8日のオール女子の読書会も、ステキな空間&ステキなメンバーで会を催行することができました。どちらもある意味真面目で、そしてハートウォーミングな会になったのです。

 

 

両日の違いと言えば、男子会の会場にはホワイトボードがあり、女子会にはたくさんのお菓子があったこと(笑)。

 

でも、やっぱりブランド戦略コンサルタントとして、全国中を駆け回っている村尾さんの話を聴くときは皆さん、集中していましたね。

 

自分を漢字一言で表すと?


 

「自分を漢字一文字で表すとしたら?」。Ryuさんから出されたお題に皆さんがすばやく答えていく様子に、正直びっくり。

 

私はちょっと考えて(笑)、自分の名前の一字にもある「新」を選びました。出逢った人に新しいアイディアや考え方を提供したい、という思いから。そして自分も常に「新しく」いたいから。

 

 Ryuさんは読書会翌日(12月8日)に発売を控えていた新刊、『世界で活躍する人が実践している自分の価値の高め方』を2冊持参されていて、一冊は先日の男子会のリーダー、そしてこの日はシュービーオーナーの新崎さんにプレゼント!

 

『世界で活躍する人が実践している自分の価値の高め方』
新崎さんが喜ぶ様子が私をも幸せにしてくれました

 

参加者の皆さんからは、「あれからすぐにクレド作成に取りかかりました!」とか「村尾さんのスマートな心遣いに感動!」といった感想がたくさん寄せられました。年末にいい刺激になったようです。

 

思えばちょうど一年前、2012年12月に私はシュービーさんでクレドを紹介するプチセミナーを行いました。まさかその時は一年後に本家本元の方を同じ場所にお呼びすることになるとは思わず…。

 

シュービーさんとのご縁、そしてご参加くださった皆さんとの最初の出会いを思い出すと、やっぱり人との出会いは世界を変えると思わざるを得ません。もちろん、今回、わざわざ沖縄までいらしてくださった村尾隆介さんとの出会いも、たった一冊の本を私がジャケ買い(=装丁買い)したことから始まっているので、人生何が起こるかわかりません(笑)。

 

その記念すべき本はまた別の機会で読書会ができたらなと考えています。いつ、どこでできるかは神様の計らいに任せることにして(笑)。 そして会が終わった後、今回の課題図書、『マイ・クレド』にサインをいただきました。

 

村尾隆介さんをお呼びし、沖縄で読書会を開催しました
私も楽しかったです。Ryuさん、このご恩は忘れません。

Shobeさんからのご感想


「シュービー」オーナーの新崎さんがその感想をブログに書いてくださっています。ありがとうございます!

 

村尾隆介氏を囲む「マイ・クレド」会をシュービーにて

 

 

Special Thanks


今回、急な呼びかけにもかかわらず、読書会は私が全幅の信頼を置いている方々の支援により成功することができました。
こちらで感謝の気持ちをあらためてお伝えしたいと思います。

  • その日、同期の結婚式が控えていたにもかかわらず、タイトなスケジュールを縫って読書会に参加してくれた、稲住大輔さん
  • 「私が空港に村尾さんを迎えに行きましょうか?」と自分から申し出てくれ、しかもすごく美味しいランチ(沖縄そば)までセッティングしてくれた、高良研一さん
  • 定休日にもかかわらず読書会のためにスペースを貸してくださった、新崎一美さん
  • 読書会に参加してくれたすべてのメンバー!
  • 7日の読書会&懇親会でスペースを提供してくれた、English Gardenさん
  • そして、新刊発売日を翌日に控えていたのにもかからわず、奇跡的に沖縄に2日間も滞在して、参加者の皆さんに刺激を与えてくれた、Ryuさんこと、村尾隆介さん

皆さん、本当にありがとうございました!