さまざまな仕事で経験を広げた20代(ヒストリー1)


紅型工房で働いていました
琉球王朝時代、皇族に愛された染色技法

今でこそ「キャリア支援」という仕事をしている私ですが、自分自身の20代を振り返ると、「こんな仕事に就きたい!」という強い気持ちはありませんでした。

 

あったのは、「英語関係の仕事ができればいいな~」くらいの漠然とした気持ち。


そして、次から次へと新しい職にチャレンジしました。

 

短大後、見聞を広げようと県内の大手書店に2年ほど勤務。
その後、周りからは「畑違いじゃないの?」と言われた、伝統工芸の世界に飛び込んでしまいます。

 

一冊の本にあった『我が国で誇れる染織は、京都の友禅と沖縄の紅型(びんがた)』という文を読んで、感動を受けてしまったんですね。

 

今は紅型工房にはクーラーも設置されていると耳にしますが、当時は織物の乾燥を防ぐため自然風で涼むスタイル(泣)。そして1日8時間ほぼ同じ姿勢。身体を壊しかねないなと思っていた矢先、心のよりどころだった先輩が先に退職したので私も後悔したくないと思い、退職しました。

 

そこから「やっぱり私の仕事は英語だ!」と思い、その方向にシフトし、英語学校で働きます。その後、ある方から誘われて洋書の販売店で働かせてもらうことに。

 

中学生の頃から漠然と憧れていた雑誌『ニューヨーカー』や 『ヴォーグ』などを、休憩時間に斜め読みできるのはすごく楽しかったし、外国人のお客様とのコミュニケーションも刺激になりました。